HOME

私は、青木正三といいます。1952生れです。

 私は愛知静岡連盟所属、天竜浜名湖連合会の会員です。
連盟内の会員は約200人。春秋の2シーズンレースがあります。
春レースは約6,000羽の参加鳩があり、2月初め100kレースから
5月の1,000k、1,200kレースまで4ヶ月続きます。
秋レースは、4〜5ヶ月の若鳩で9月から参加羽数約7,000羽参加します。
 私は10歳から鳩の飼育を始め1971年よりレースに参加しました。
私の地域から北の方向に進み最終は北海道になります。
浜松から北に300kmは日本で大変高い山々が続きます。
日本の最高の難所でタカ、ハヤブサなどの猛禽類がたくさんいます。
主なレースは500k、700k、1,000kレースが一番参加が多く
メインレースです。鳩が浜松に向い一番疲れた時に難所を通ります。
500kレースまでに、だめな鳩は淘汰されます。700kまでに3割が
残れば良い方です。稚内1,200kは距離が最長となる。
しかも最後に日本アルプスを縦断する山越えがある、新潟から300Kmの
山づたいを乗り切ることである。このハンデが逆に魅力となり
稚内GN1,200kにかけることがレース鳩の血統の限界を見ることが出来る。
ヨーロッパなどの中距離までの鳩ではだめだと思います。
長距離の強い系統でなければ通用しません。私がヨーロッパに訪問して
選んだ系統は、ベルギーのエミール、デビルト鳩舎。
オランダのマルセル、ブラークハウス鳩舎の鳩を買いました。
エミール、デビルトのマレンゴ号とブラークハウスのド、344号は
最高の種鳩で、私の鳩舎のゴールデンカップルになりました。
それから、88年アルジェントンNレース26,000羽中総合優勝の
マリアン号を導入しました。今までの系統にマリアン号のスピードを
プラスして1,000k当日鳩が生まれました。
愛知静岡連盟では過去30年で2回しか当日は出ていません。
今では100k〜1,200kまですべてCH鳩が出ています。
マリアン号は当鳩舎の基礎鳩になりました。
 台湾にても5関レースでたくさんの入賞鳩が出ています。
また、日本国内にても私の鳩を導入した人はたくさんのCH鳩が
作出されています。特に地域を選ぶこと無く何処でも良く翔んでくれます。 

当鳩舎の基礎鳩エミール、デビルト鳩舎は親子二代のベルギーの
長距離強豪鳩舎で、バルセロナN総合優勝、カオールN総合優勝、
ボルドーIN総合優勝、ヨーロッパカップ1位、ヨーロッパ
スーパーマラトン1位などタイトルを数多く、血統は近親交配を
重ね、特にマレンゴ号、エリカ号はとても素晴らしい鳩で、
マレンゴ号は1歳でバルセロナIN総合193位になり、
エリカ号はトオール9位入賞後当鳩舎種鳩になり兄弟にシスカ号
ラ・ステレーヌN総合9位などたくさんのCH鳩がいます。
また、オランダの鬼将軍ブラークハウス鳩舎は世界を驚かせた
ワンダーファイブ(驚異の五兄弟)を生んだ。
ゴールデンカップルペアからダックスN総合優勝のスターレン号など
CHが作出されてゴールデンカップルの直仔が他の鳩舎の種鳩になり
たくさんのCHが生まれた。特にドイツのハイコ、ヘルメスなどで
活躍している。
当鳩舎種鳩ド、344号はゴールデンカップルの直仔×孫である。
ド、344号の直仔に静岡CH1,000kレース総合優勝。
また、孫に中部ブロックN800k総合優勝、1,200k稚内優勝など
長距離と悪天候レースに特に活躍している。
特にマレンゴ号との配合が一番当たり、今現在活躍している。
最高の雄の種鳩は青木稚内キング号で
愛知静岡連盟稚内GN1,200kで2年連続総合優勝している。
直孫に同じGN1,200kで総合2位優勝鳩が出ている。
次に雌の種鳩はやはりマリアン号で、孫に1,000k当日などたくさんの
CH鳩を作出している。台湾で活躍している鳩です。
今注目している雌はスターレン稚内クィーン号です。
スターレン号(ブラークハウスのダックスNのCH)の孫で、
稚内1,200k2位後種鳩に使用1年目の作出から400k連合会578羽中優勝。
愛知静岡連盟4474羽中総合17位の鳩が作出されました。

 最後に私は台湾に100回近く訪問してレース事情はたくさんの友人に
聞いたり見たりして分かっています。
日本とレース事情は違いますが、やはり良い血統とレーステクニックが
一番必要だと思います。

     HOME